社会保険労務士の受験資格を照合しよう

社会保険労務士, 受験資格

社会保険労務士の試験には実は受験資格があります。合格ラインをどうやって突破するかを 考える前に、その点を確かめないといけません。
社会保険労務士の受験資格ですが、毎年発表される受験案内をよく見て 確かめるほうがいいでしょう。ただし、その年の試験の概要が発表される前であっても 受験資格を確かめることはできます……社会保険労務士試験の公式サイトには 受験資格の照会をしてくれるサービスがありますから、心配なら最初にやっておくべきでしょう。

社会保険労務士試験の受験資格は非常に細かく条件が決められているのですが、 大雑把に書くとしたらこのようになるでしょう。

特別な資格をすでに持っている、特別な国家試験に受かっている(たとえば、 司法書士の資格や1級建築士の資格、といった例があります)
特別な職歴を3年以上持っている(たとえば公務員として行政事務に従事した、 または指定された法人に勤務した、といった例があります)

……もっとも、こんな特別な履歴を持っている人たちは社会保険労務士になろうかと 思い立ったばかりの人たちが持っていることはまずないでしょう。
となると期待できるのは学歴になります。

4年制大学や短大、または指定された高等専門学校や専修学校を卒業ないし修了している

これがいちばん、多くの人に使える手となるでしょう (ちなみに、4年制大学の場合は単位取得量しだいでは卒業前に受験資格をもらえます)。

これらの受験資格を持っていない場合は、社会保険労務士試験は受験できません。
持っていない場合で、どうしても社会保険労務士になりたい場合は、 「他の資格を得る(行政書士だったら、どんな人でも受けられます)」「通信制度を使って短大に 入り、卒業する」「社会保険労務士や弁護士の補助業務に3年以上従事する」……といった手を 使って受験資格を獲得するようにしないといけませんがいずれにしても年数はかかります。
行政書士に1発合格すればいちばん早いですがそれでも1年はかかるでしょう。

いずれにしても、社会保険労務士の受験資格は、早い段階で確認して、 どうするか決めるに越したことはありません。

>>この方法なら社労士合格ライン攻略は決して難しくありません。