社会保険労務士の過去問の使いこなし方

社会保険労務士, 過去問

社会保険労務士の試験では合格ラインがたくさんあって、 どれかの科目でそれを超えられないだけであっさりと不合格の地獄を見る羽目になることは ここまでの流れでおわかりになったでしょうか?

それでは実際に、社会保険労務士の受験者が合格を勝ち得るには どうやったらいいのでしょうか?
それも、ぜんぜん社会保険労務士のことなんて知りも知らなかったような まったくの素人が受かるにはどうすればいいでしょうか?

実は、社会保険労務士の勉強法では、合格ラインに達する力を蓄えるためには 教科書よりも過去問に頼ることが正解だといわれています(……念のために書いておきますが、 「教科書が大事ではない」なんてことではありません!)。
過去問、つまり過去の社会保険労務士試験の問題を使って勉強することが、試験科目の、 そして試験全体の合格ラインに到達する近道になることは誰もが認めているはずです。

では社会保険労務士の過去問を使うとどう変わるのでしょうか?

・試験問題の出され方がわかる
たとえ教科書をくまなく暗記できたとしても、それだけでは試験問題は解けません。
まず試験時間は限りがあるので、さっさと解いていかないと時間切れになりますが、 過去問を解いていないと、本番の社会保険労務士試験を迎えたときに、問題の取り組み方が わからなくなります。

・どんな問題がよく出されるのか読み取れる
前記したように、社会保険労務士の合格率はあまり変動しませんが、過去問をよく読めば よく出る範囲がわかってくるため、よく対策した受験者は それなりに得点できるようにつくられています。
最低でも過去数年分、できれば5年以上の過去問を全部やっておくべきです。

・教科書や六法を読みやすくなる
ただでさえ難しい教科書や六法ですから、1ページ目から読もうとしてもはかどらなくて 当たり前です。しかし、過去問に少し手を出したら、その部分を教科書から探して読むだけでも だいぶ勉強が前進します。
現職の社会保険労務士の中には極端な話「過去問→教科書」の順に 勉強をやっていた人も少なくないようです。


ではその大切な社会保険労務士の過去問はどうやって手に入れたらいいでしょうか?
過去問だけでも市販されていますし、もともと入手方法は多いのですが、 学校や通信講座が用意してくれる過去問は解説が充実していて特におすすめです。
通信講座の中には、過去問専用の講座を用意している例もあるくらいです
(充実した教材を使って楽しく勉強できるチャンスですね)。

>>この方法なら社労士合格ライン攻略は決して難しくありません。