社会保険労務士の学校の難点とは

社会保険労務士, 学校

社会保険労務士の合格ラインを超えるのは、仕組みがわかったとしても 並大抵のことではありません。その手助けをしてくれる人やものが見つかるなら 絶対に利用したほうがいいです。

社会保険労務士の試験に受かるための専用のコースを開いている学校は、 その手助けをしてくれる人たちの筆頭でしょう。資格の学校はずっと前からありましたが、 今では社会保険労務士のための講座を設置している学校は大手に絞っても 両手の指だけではまったく収まり切らないくらいたくさんあります。
これだけ増えてしまうと、社会保険労務士の学校も選び放題のように見えますが、 学校に入るときは注意しないといけないことがいくつもあります。

……「何校もあるのだったら、ひとつくらいいい学校が見つかるだろう」と つい思ってしまうでしょうか? 
実は学校のよしあしだけもありますがそれだけではありません、どの学校にも 共通している懸念事項だってあるのです。


たとえば、学校は数が増えたといっても、建っている場所は決まっています。
普通は大都市に偏っていますから、通える人と通えない人の格差が激しいのが現実です。

普段の生活を壊さない程度の時間しか犠牲にならないのであれば差し障りもありませんが、 日常の仕事や家事等をするのが厳しくなってくるようでは元も子もありません。

もうひとつの社会保険労務士の学校の懸念事項は、授業料の高さでしょうね。
学校がやっている大半の社会保険労務士の講座は、半年前後かそれ以上にわたって続きますから、 授業料はどうしても高めになります。安いほうでも15万円くらいかかることが多いですし、 20万円を超えることも珍しくはないですね。

社会保険労務士の学校に入るなら、できるだけ多くの体験授業 (サービス精神のある学校だったら、開講時期の前によくやっています)を受けるなどして、 ついていけそうか確かめ、それからもちろん時間的・費用的なロスに耐えられそうかを 確かめてから決めるべきでしょう。
そのときにうまくいかなさそうな不安がわいてきたときは素直に入学を見送りにして、 時間的・費用的なロスが一気に軽減される通信講座に切り替えるようにしてください。

>>この方法なら社労士合格ライン攻略は決して難しくありません。